コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素材産業の高付加価値化 そざいさんぎょうのこうふかかちか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素材産業の高付加価値化
そざいさんぎょうのこうふかかちか

素材産業,つまり鉄鋼繊維産業などが素材の生産にとどまらず,その高次加工段階へ進む場合と,自動車用高張力鋼板とかシルク・梳毛 (そもう) の風合いを出すポリエステル繊維新合繊」の開発など汎用素材ではなく,特殊用途向けの付加価値の高い素材の生産を行なうことの2つの内容がある。一般的には,素材生産とその加工段階では適正規模,技術,競争条件が異なるために,素材メーカーが2次加工に向かうよりも,最初から高付加価値素材の生産に向かうケースが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android