コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紡錘鰤 つむぶり

大辞林 第三版の解説

つむぶり【紡錘鰤】

スズキ目の海魚。全長1.5メートルになる。体はブリに似て紡錘形。背面は青藍色、腹部は銀白色。体側に三本の鮮やかな黄色の縦帯が走り、帯の間は美しい青色をしている。刺身・照り焼きにして美味。暖・熱帯海域に広く分布。オキブリ。キツネ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紡錘鰤の関連キーワードオキブリ照り焼きツムブリ紡錘形キツネ銀白色動物海魚背面腹部分布体側

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android