コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫微垣 シビエン

大辞林 第三版の解説

しびえん【紫微垣】

〔列子 周穆王・晋書 天文志
古代中国の天文学で、北斗星よりも北極に近い部分で、天帝の常にいる所とされた星座。天子・天位・王宮にたとえる。紫微。紫微宮。紫宮。紫垣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紫微垣の関連キーワード天文学紫微宮紫微星北斗星紫禁城紫極紫庭紫禁紫宸紫都王宮晋書天位列子天帝天子北極

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android