天帝(読み)てんてい

精選版 日本国語大辞典「天帝」の解説

てん‐てい【天帝】

[1] 〘名〙 天を主宰する神。造化の神。造物主。上帝。
※玉造小町子壮衰書(10C後)「富貴祈天帝、歓栄請地祇
※浮世草子・好色万金丹(1694)一「北斗の天帝(テンテイ)より米六十三石と客八人と請け得て生れ」 〔戦国策‐楚策・威王〕
[2]
[一] 帝釈天(たいしゃくてん)のこと。てんたい。
※太平記(14C後)一〇「此帝尺宮の戦に修羅の眷属共天帝(テイ)の為に罰せられて」
[二] 旧約聖書の神エホバをさす。天主。上帝。
※南蛮寺興廃記(1638頃)「南蛮切支丹国の者にして、天帝の宗門弘法のために渡来せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「天帝」の解説

天帝
てんてい

古代中国で想定された,天上に住む最高神,上帝ともいう
殷代の甲骨文字史料に上の語が見られる。代には天命革命などの観念と関連づけられ,中国思想基盤ともなった。また,天帝を祭ることが天子権利であり義務であるという考え方は,歴代王朝で保持された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「天帝」の解説

てんてい【天帝 tiān dì】

中国における天上の最高神。殷代の甲骨文資料に帝,あるいは上帝の語が見え,雨や農作物収穫を支配し,都邑の建設に許可を与えたりしている。しかしすでに〈隠れた神〉であったらしく,帝の力は〈帝の使(者)〉や〈帝の〉を介して発現される。上帝を直接に祭ることはなかったとされる。殷代の帝には人格神としての性格は弱かったのであろう。周は帝の代りに天の語を用いた。周王朝の存在を理由づけるため,天命天子,革命などの観念を天帝と関連づけて発展させ,それに倫理観念を注入し強調したことが,後代の中国思想の重要な基盤となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android