コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天帝 テンテイ

世界大百科事典 第2版の解説

てんてい【天帝 tiān dì】

中国における天上の最高神。殷代の甲骨文資料に帝,あるいは上帝の語が見え,雨や農作物の収穫を支配し,都邑の建設に許可を与えたりしている。しかしすでに〈隠れた神〉であったらしく,帝の力は〈帝の使(者)〉や〈帝の臣〉を介して発現される。上帝を直接に祭ることはなかったとされる。殷代の帝には人格神としての性格は弱かったのであろう。周は帝の代りに天の語を用いた。周王朝の存在を理由づけるため,天命天子,革命などの観念を天帝と関連づけて発展させ,それに倫理観念を注入し強調したことが,後代の中国思想の重要な基盤となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんてい【天帝】

古代中国で、宇宙の万物を支配すると考えられた神。造物主。上帝。
仏教で、帝釈天たいしやくてんのこと。てんたい。
キリスト教で神のこと。上帝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天帝の関連キーワード天は高きに居って卑きに聴く天は高きにいて卑きに聴く提宇子・大宇須キリスト教亀の上の山白玉楼帝釈天造物主デウス復命紫都天庭定道天一万物天皇天馬皇天天主白竜

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android