コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)

温暖地での代表的な斑点性の糸状菌病。夏の終わりから秋にかけて発生し、赤紫色、楕円形、長さ0.5〜2cm、幅0.3〜1cmの病斑を多数形成する。この病斑は菌が侵入した部分にアントシアン色素が集積したものである。病斑は古くなると、中央部が黄褐色に変色してゆき、やがて全葉が枯死する。品種によっては病斑は黄褐色となる。病原菌は、スーダングラスおよびジョンソングラスにも強い病原性を持つ。抵抗性は単一の劣性遺伝子により支配される。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫斑点病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード斑点病(ライムギ)いもち病(リードカナリーグラス)いもち病(スィートバーナルグラス)いもち病(ラブグラス類)いもち病(キクユグラス)いもち病(オオクサキビ)いもち病(グリーンパニック)いもち病(シコクビエ)いぼ斑点病(アカクローバ)いぼ斑点病(シロクローバ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone