コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫燐 シリン

デジタル大辞泉の解説

し‐りん【紫×燐】

同素体の一。赤燐セ氏550度で長時間熱すると得られる。セ氏416度で昇華する。空気中では安定で燐光を発しない。無毒。純粋なものは紫色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

紫燐の関連キーワード馬力可視光線ブルンヒルデ北朝アケメネス朝アステュアゲスグプタ朝文宣帝[北斉]北斉焼戻し脆性

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android