コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン

デジタル大辞泉の解説

りん【×燐】

窒素族元素の一。黄燐(白燐)・紫燐(しりん)・黒燐・赤燐などの同素体がある。黄燐は蝋(ろう)状の固体で毒性が強く、空気中に置くと自然発火し、燐光を発する。天然には単体として存在せず、燐酸塩などとして鉱物・動植物界に広く存在する。主要鉱石は燐灰石元素記号P原子番号15。原子量30.97。

りん【燐】[漢字項目]

[音]リン(呉)(漢)
おに火。「燐火
元素の一。リン。「燐酸黄燐赤燐
[難読]燐寸(マッチ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

リン【燐】

主要ミネラルのひとつ。カルシウムに次いで多く体内にある物質で、そのうちの85%はカルシウムと結合して骨や歯の材料となり、残りは筋肉・脳神経などに存在するミネラル。肉類、魚介類、乳製品、卵類、豆製品、胚芽などに多く含まれる。ビタミンB1ビタミンB2と結合して補酵素となり、糖質の代謝を促進するほか、細胞膜の構成、関節炎の痛みの緩和、高エネルギーのリン酸化合物をつくりエネルギーの貯蓄、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防などに効果が期待できる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りん【燐】

15 族(窒素族)元素の一。元素記号 P  原子番号15。原子量30.97。リン灰石などのリン酸塩として産する。常温では固体で、同素体として黄リン(または白リン)・黒リンのほか赤リンなどの相がある。殺鼠剤さつそざい・農薬・マッチの製造に用いる。動物の骨や歯の構成成分で、かつリン酸エステルなどの形で ATP ・ DNA ・リン脂質など生体の重要な化合物の構成成分となる。 〔自然科学では「リン」と書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

燐の関連キーワードパーシー・カーライル ギルクリスト燐灰ウラン石(データノート)燐銅ウラン石(データノート)燐ウラニル石(データノート)燐鉄鉱(データノート)スフィンゴミエリン燐酸アンモニウムキオプテライトオーシャン島n型半導体ホスホン酸モルフォ蝶無水亜燐酸ケファリンセネガル酸性食品リン灰石海洋細菌レシチン複合脂質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燐の関連情報