紫翠(読み)しすい

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐すい【紫翠】

〘名〙 むらさきとみどり。美しい自然のようす。
※蕉堅藁(1403)題扇面画「瀑花吹雪映山明、五老雲開紫翠生」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる