累累・纍纍(読み)るいるい

精選版 日本国語大辞典「累累・纍纍」の解説

るい‐るい【累累・纍纍】

〘形動タリ〙
① 同じ種類のものがいくつもかさなりあうさま。また、つらなるさま。つらなり続くさま。塁塁
※本朝文粋(1060頃)一二・老閑行〈菅原文時〉「君不見北芒暮雨、纍纍青冢色」
太平記(14C後)一一「は行路に横て累(ルイ)々たる郊原の如し」 〔史記‐楽書〕
② 志を得ないさま。また、元気を失ってうなだれるさま。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・所養払菻狗一旦失之踰年復還感紀其事「歳余隣人伝吉語、彼纍纍者在某許」 〔礼記玉藻

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android