コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細塵計 さいじんけいdust counter

翻訳|dust counter

世界大百科事典 第2版の解説

さいじんけい【細塵計 dust counter】

大気中の微細塵埃(じんあい)の数量などを測る器械。塵埃を含む湿潤空気を断熱的に膨張させ,塵埃を核として凝結した霧粒の数を測るもの(エイトケン核計数器),塵埃による光の散乱を利用して計数するもの,外気を細隙を通して吸引し,その直後に置かれた板(ガラス板や粘着性物質を塗布したガラス板など)に細塵を捕捉し,捕捉した細塵を計数するもの(インパクターといい,板が何枚もつぎつぎに置かれたものをカスケード・インパクターという)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細塵計の関連キーワードカスケード・インパクターエイトケン細塵計塵埃計霧箱

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android