コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川韶邦 ほそかわ よしくに

1件 の用語解説(細川韶邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川韶邦 ほそかわ-よしくに

1835-1876 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)6年6月28日生まれ。細川斉護(なりもり)の次男。万延元年肥後熊本藩主細川家11代となる。第2次幕長戦争に参加。明治元年慶順(よしゆき)を韶邦と改名した。明治9年10月23日死去。42歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細川韶邦の関連キーワード大田黒伴雄秋月の乱スラブ音楽フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ地質の日

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone