細川韶邦(読み)ほそかわ よしくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川韶邦 ほそかわ-よしくに

1835-1876 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)6年6月28日生まれ。細川斉護(なりもり)の次男。万延元年肥後熊本藩主細川家11代となる。第2次幕長戦争に参加。明治元年慶順(よしゆき)を韶邦と改名した。明治9年10月23日死去。42歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android