コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼寧式銅剣 りょうねいしきどうけんLiao-ning-shi tong-jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遼寧式銅剣
りょうねいしきどうけん
Liao-ning-shi tong-jian

中国遼寧省や朝鮮半島で発見される有茎式銅剣の一種。身の両側縁,中央近くに棘状突起があり,身の下半部は琵琶の胴部のようにふくらんでいる。このことから,琵琶形銅剣ともいう (以前は満州式銅剣と呼んだ) 。遼寧省では春秋時代ないし戦国時代の墓から発見される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうねいしき‐どうけん〔レウネイシキ‐〕【×遼寧式銅剣】

紀元前9~3世紀頃に中国東北部の遼寧省付近で作られ、東アジア一帯に広まった青銅製の剣制の総称。剣身と柄を別々に鋳造するのが特徴。遼寧式短剣。満州式銅剣。琵琶形銅剣。→オルドス式短剣

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうねいしきどうけん【遼寧式銅剣】

中国東北の遼寧省に分布の中心をもつ,東アジア特有の青銅製の剣制の一つ。かつては満州式銅剣とも呼ばれ,また琵琶形銅剣とも呼ばれる。剣身は鋒部が鋭く,中央部が左右に突出し,剣尾が幅広くなった特有の曲刃形で,脊(せき)は円柱状をなし,延伸して短い茎(なかご)となる。この剣身に別造りのT字形剣把を組み合わせた,独特の形態の青銅製短剣である。この点,剣身と剣把を同時に鋳造してつくる中国式銅剣や,内モンゴル高原に分布する触角式把頭をもったオルドス式銅剣(オルドス青銅器)とは性格を異にする

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の遼寧式銅剣の言及

【銅剣】より

…またオルドス式銅剣の柄頭飾は,遼寧,朝鮮,日本の銅剣の一部にも採用された。 遼寧地方で発達した遼寧式銅剣は,断面円形の脊をもつ剣身とT字形の柄とを別鋳する。朝鮮,日本の銅剣はこの剣の系譜下にある。…

※「遼寧式銅剣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報