コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くびれ くびれvena contracta

1件 の用語解説(くびれの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

くびれ
vena contracta

縮脈ともいう。流体が容器の壁にあけた穴から流れ出るとき,その流線が穴の外でくびれる現象。穴の面積を s ,流れが平行になった部分の断面積を S' とするとき,kS'/S をくびれの係数といい,0.5≦k≦1 である。実験によれば円形の穴では,k≒0.61 である。断面積が最小になる点で圧力は最小となる。穴の面積が小さいときには,表面張力のためにくびれの現象は複雑になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のくびれの言及

【縮流】より

…縮脈,くびれともいう。流体が容器の流出口から出ていくとき,大気に接する流れの断面積が出口の断面積S0よりも小さい値Sに漸近する現象(図)。…

※「くびれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くびれの関連情報