コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細竹里遺跡 さいちくりいせきSejunni‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

さいちくりいせき【細竹里遺跡 Sejunni‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道寧辺郡細竹里にあって,早くから明刀銭の出土地として知られていたが,その後の調査で,櫛目文土器(新石器)時代,無文土器時代,原三国(古朝鮮・初期鉄器)時代にわたる,三つの文化層からなる代表的集落遺跡であることがわかった。清川江中流域右岸の河岸沖積地に立地する。1962,63年に,4地区で約1900m2余りの範囲で実施された2次にわたる発掘調査によって,櫛目文土器時代1基,無文土器時代23基,原三国時代3基の合計27基の竪穴式住居址が検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細竹里遺跡の関連キーワード朝鮮民主主義人民共和国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android