コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞培養ワクチン サイボウバイヨウワクチン

1件 の用語解説(細胞培養ワクチンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいぼうばいよう‐ワクチン〔サイバウバイヤウ‐〕【細胞培養ワクチン】

細胞培養によって製造されたワクチン哺乳動物や昆虫の細胞を使って、ワクチンの製造に必要なウイルスを培養する。大量のワクチンを短期間に製造できるため、インフルエンザの大流行に備えて製造施設の整備が進められている。
[補説]インフルエンザワクチンの製造過程では通常、ウイルスを培養するためにニワトリの有精卵を使うが、インフルエンザの大流行が発生した場合、鶏卵の供給が不足すると、必要なワクチンを早急に製造できない可能性がある。細胞培養法の場合、培養に必要な細胞を凍結保存しておけるため、短期間に大量のワクチンを生産できる。麻疹風疹混合ワクチン、水痘ワクチン、日本脳炎ワクチンなどは細胞培養法で製造されており、細胞培養インフルエンザワクチンの開発・事業化が進められている(平成28年7月現在)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細胞培養ワクチンの関連キーワードソークワクチン生ワクチン細胞培養丸山ワクチン多価ワクチンAIDSワクチン胚細胞培養士癌ペプチドワクチン療法癌ワクチンペプチドワクチン

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone