コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経木流し キョウギナガシ

デジタル大辞泉の解説

きょうぎ‐ながし〔キヤウぎ‐〕【経木流し】

供養のため、経木に死者の戒名を記して川や海に流すこと。
大阪四天王寺で、春秋の彼岸や盆に、経木に故人の法名を書いて、金堂わきの亀の井の水に流す行事。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうぎながし【経木流し】

供養のために死者の名を書いた経木を川や海に流すこと。また、その行事。
大阪四天王寺で、春秋の彼岸と盂蘭盆会うらぼんえの7月14~16日に、死者の法名を経木に記し、回向えこうして東僧坊前の亀井の水に流す行事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報