コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経木 きょうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経木
きょうぎ

えぞ松,赤松,きり,もみなどの木材から製造する薄い木片。弁当の折箱や菓子箱など簡易包装容器などに使用。昔これに経文を写したことからこの名があるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ぎ〔キヤウ‐〕【経木】

杉・檜(ひのき)などの木材を紙のように薄く削ったもの。菓子・料理の包装などに用いる。
経文や法名を書く幅25センチほどの細長い薄板。寺に納め、追善供養とした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

経木【きょうぎ】

木材を薄く削ったもの。鉋(かんな)の発達によって江戸時代末期には紙のように薄い薄経木が登場し,食品の包装などに使用。やや厚めの厚経木は曲物(まげもの)などに使用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうぎ【経木】

スギ,ヒノキ,その他の木材を薄く削りとったもの。つまり,〈へぎ〉〈へぎ板〉の別称として現在では用いられているが,元来は〈へぎ〉の用途上の呼称の一つであった。〈へぎ〉の語は〈剝(へ)ぐ〉という動詞の名詞化したもので,〈片木〉〈折〉などと書く。きわめて古くから行われていたもので,適宜の長さに輪切りにした原木をなたで割り,それを〈へぎなた〉などと呼ぶ刃物で薄く削りとった。それをそれぞれ便宜の寸法にし,屋根板に使ったものが柿(こけら)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうぎ【経木】

スギ・ヒノキなどの板を、紙のように薄く削ったもの。物を包んだり手工業の材料にしたりする。鉋掛かんなかけ。
経文を書く幅25センチメートルほどの薄い板。鎌倉末期より行われ、寺へ納めて死者の追善とした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

きょうぎ【経木】

杉・檜(ひのき)などの木材を紙のようにうすく削ったもの。料理や食品を包むのに用いる。◇古く、経文を記すのに用いたことから。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経木
きょうぎ

スギやヒノキ、マツなどの木材を、紙のように薄く削ったもの。菓子やみそ、魚などの食品を包んだり、折り箱の底に敷いたりして用いる。古くは経文を書写したことからこの名があり、かんなかけ(鉋掛)、へぎ(折、片木、剥)、また幅の広いものはうすいた(薄板)ともいう。元来は折り箱や折盆(へぎぼん)、あるいは折敷(おしき)などの用法が一般的であったが、1852年(嘉永5)に宮嶋勘左衛門(みやじまかんざえもん)によって、枇木(ひぎ)とよばれる包みものに便利な薄経木が開発されてからは、前者を厚経木として区別している。用材としては、色が白く、繊維が強くて年輪のそろった樹木が適しているが、なかでもドロノキやタカノツメ(ともに箸(はし)やマッチの軸木にも用いる)が称美されている。現在では産出量の面から、エゾマツ、アカマツ、トドマツ、カラマツなどが主流を占める。なお、経木を材料に用いたものとしては、木曽(きそ)の檜笠(ひのきがさ)、高知の土佐笠などの工芸品のほか、兵庫のマッチなどがよく知られる。ことに経木真田(さなだ)といって、経木を細く切って真田紐(ひも)のように編んだものは、夏帽子などの製品となって海外にも輸出され、経木産業の振興の一因ともなった。また縦糸に綿糸、横糸に経木を用いた経木織物は、襖張(ふすまはり)地や座ぶとん地に用いられ、和紙などを貼(は)り付けた経木紙は、折り箱の材料として普及している。[宮垣克己]
『田中信清著『経木』(『ものと人間の文化史37』1980・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

経木の関連情報