コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経石 キョウイシ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐いし〔キヤウ‐〕【経石】

小石に経文を記したもの。一字一石のものが多いが、多字一石経もある。土中に埋めて追善や祈願を行う。きょうせき。

きょう‐せき〔キヤウ‐〕【経石】

きょういし(経石)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょういし【経石】

経文を記した小石。死者の追善、現世利益・未来往生を願うためのもので、多くは地中に埋める。一字一石と多字一石とがある。きょうせき。

きょうせき【経石】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の経石の言及

【一字一石経】より

経塚に埋納した経典の一種。礫石経,経石,一石経などともいう。墨書と朱書があり,経典は《法華経》が多いが,《阿弥陀経》《般若心経》《華厳経》などもある。…

※「経石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

経石の関連キーワード愛媛県松山市桑原浄土寺(広島県)熊野新宮経塚一字一石経須田泰嶺経塚泰山

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android