コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結い ユイ

デジタル大辞泉の解説

ゆい〔ゆひ〕【結い】

[名]
結うこと。また、結ったもの。「髪結い
「山守のありける知らにその山に標(しめ)結ひ立てて―の恥しつ」〈・四〇一〉
家相互間で、双務的に力を貸し合う労働慣行。また、それをする人。田植え・稲刈りのときに行われる。手間換え。
[接尾]助数詞。
くくり束ねたものを数えるのに用いる。
「宮司召して、衣(きぬ)二―とらせて」〈・八七〉
銭を数えるのに用いる。銭100文を一結いとする。
「運びける用途十―をば」〈略本沙石集・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

結いの関連キーワード立て掛け・立て懸け・立掛け・立懸け立て兵庫・立兵庫結い初め・結初め髪結い床・髪結床鹿の子絞り日髪日風呂潰し島田引っ詰めのめし髷鯔背銀杏結上げる島田崩し御守殿風鹿の子絞不動袈裟維新の党結び髪鬢道具節・編めんめ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結いの関連情報