コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結い ユイ

デジタル大辞泉の解説

ゆい〔ゆひ〕【結い】

[名]
結うこと。また、結ったもの。「髪結い
「山守のありける知らにその山に標(しめ)結ひ立てて―の恥しつ」〈・四〇一〉
家相互間で、双務的に力を貸し合う労働慣行。また、それをする人。田植え・稲刈りのときに行われる。手間換え。
[接尾]助数詞。
くくり束ねたものを数えるのに用いる。
「宮司召して、衣(きぬ)二―とらせて」〈・八七〉
銭を数えるのに用いる。銭100文を一結いとする。
「運びける用途十―をば」〈略本沙石集・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

結いの関連キーワード立て掛け・立て懸け・立掛け・立懸け角髪・角子・鬟・髻結い初め・結初め立て兵庫・立兵庫鹿の子絞り日髪日風呂島田崩し五体付け引っ詰めのめし髷潰し島田鯔背銀杏維新の党御守殿風不動袈裟結上げる鹿の子絞結初め銀杏頭夢想流

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結いの関連情報