コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山守 ヤマモリ

2件 の用語解説(山守の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐もり【山守】

山番(やまばん)」に同じ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまもり【山守】

奈良県の吉野林業地のように不在山林所有者の多い林業地で,所有者に代わって森林の管理,保護をする人。また藩政時代には,藩の直轄林の管理体制における末端の職制で,森林を看視,作業の監督にあたった者(山廻役人)を指した。吉野林業の山守は,地元の徳望家がなり,世襲制である。一般に植栽は山守が行い,第1回除伐に相当する銭丸太は山守の収入とする。毎年の諸作業の労務調達,監督,支出の立替払などを実行し,間伐,主伐の収入についてはその全額の5%などの割合で山守に支給され,年末に決算される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山守の関連情報