結柴小紋(読み)ユイシバコモン

大辞林 第三版の解説

ゆいしばこもん【結柴小紋】

柴を束ねたような形を小紋に染めた模様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆいしば‐こもん ゆひしば‥【結柴小紋】

〘名〙 束ねたの形を一面に散らした模様。江戸時代、元祿(一六八八‐一七〇四)頃に流行した。
※浮世草子・好色二代男(1684)三「結柴小紋(ユイシバコモン)の鼠色に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android