コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結節性動脈周囲炎 けっせつせいどうみゃくしゅういえんperiarteritis nodosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結節性動脈周囲炎
けっせつせいどうみゃくしゅういえん
periarteritis nodosa

結節性多発動脈炎ともいう。自己免疫で起る全身の細小動脈の炎症性疾患。中年男性に多く,発熱,白血球増加,好酸球増加,高血圧,喘息,貧血,末梢神経炎,関節炎または筋肉痛,腎臓障害など,多彩な症状を示す。腎臓は最も侵されやすい臓器で,腎不全による死亡が多い。中等大の動脈を侵すと,心筋梗塞,腸間膜動脈塞栓症,末梢血管病などの症状が現れる。治療には副腎皮質ホルモン投与が有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の結節性動脈周囲炎の言及

【膠原病】より

…1941年にクレンペラーP.Klempererが提唱した疾患。病理学的に結合組織にフィブリノイドfibrinoid変性がみられる疾患という定義がなされ,全身性エリテマトーデス,慢性関節リウマチ皮膚筋炎または多発筋炎,強皮症(全身性進行性硬化症),結節性動脈周囲炎,リウマチ熱の6疾患が代表的な膠原病とされた。その後,病理学的にもフィブリノイド変性という概念がきわめてあいまいなものであり,膠原繊維にのみ変化がおこるものではないところから,結合織疾患connective tissue diseaseとよぶほうが正しいとされ,国際的にはそのようによばれることが多い。…

※「結節性動脈周囲炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

結節性動脈周囲炎の関連キーワード多発性動脈炎(顕微鏡的多発血管炎/結節性多発動脈炎)膠原病(こうげんびょう)結節性多発動脈炎上行性脊髄麻痺膠原病の由来好酸球性肺炎小児膠原病大動脈瘤坐骨神経川崎病膠原病難病喀血PN

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android