絞り熱量計(読み)しぼりねつりょうけい(英語表記)throttling calorimeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絞り熱量計
しぼりねつりょうけい
throttling calorimeter

湿り蒸気の乾き度の測定に用いられる装置の一種。湿り蒸気を弁などを用いて絞る (等エンタルピー膨張) と,次第に乾き度が増加して乾き飽和蒸気となり,ついには過熱蒸気になる性質を利用する。すなわち,絞り前の湿り蒸気圧力あるいは温度と絞り後の過熱蒸気の圧力と温度の測定値から,湿り蒸気の乾き度が求められる。ただし,水蒸気の場合,約 30kgf/cm2 ぐらいより以上の圧力の場合には,絞るとかえって乾き度の値が減少することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android