コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絞首 コウシュ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しゅ〔カウ‐〕【絞首】

[名](スル)首をしめて殺すこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしゅ【絞首】

( 名 ) スル
首をしめて殺すこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の絞首の言及

【中国法】より

…徒は強制労働で1年,1年半,2年,2年半,3年の5級あり,流は本籍地より2000里,2500里,3000里の3級がある。死には絞と斬があり,絞首と斬首で,斬は即時に実施し,絞は秋を待って行うの別がある。 唐律は歴代の律を集大成したもので,とくに儒教主義を根本理念とするので,後世の儒家から高い評価を与えられている。…

※「絞首」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絞首の関連キーワードモルゲンシュテルン(Christian Morgenstern)クリスティアーン モルゲンシュテルンチャップリンの殺人狂時代ジャック リチャードソンマハバットハーンモスクファニーベイ旧刑務所ローテンブルクの城壁絞首台からのレポートユリウス フゥチークリヴィウ レブリヤヌモルゲンシュテルン国内における絞首刑サルバダール政権ポーティアス暴動J. フチークリチャードソンストルイピンペテーフィゼーガースレブリヤヌ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絞首の関連情報