絞首(読み)こうしゅ

精選版 日本国語大辞典「絞首」の解説

こう‐しゅ カウ‥【絞首】

〘名〙 をしめて死に至らしめること。刑法に規定する死刑執行の方法。
※刑法(明治一三年)(1880)一二条「死刑は首す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絞首の言及

【中国法】より

…徒は強制労働で1年,1年半,2年,2年半,3年の5級あり,流は本籍地より2000里,2500里,3000里の3級がある。死には絞と斬があり,絞首と斬首で,斬は即時に実施し,絞は秋を待って行うの別がある。 唐律は歴代の律を集大成したもので,とくに儒教主義を根本理念とするので,後世の儒家から高い評価を与えられている。…

※「絞首」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android