コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵解法師 えときほうし

1件 の用語解説(絵解法師の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵解法師
えときほうし

絵解きは、中世に、寺社の縁起(えんぎ)や仏教諸派の祖師の伝記を図絵に仕立てたものを解説すること、また、それを生業とした人々をさし、法体(ほったい)(僧の姿)のものは絵解法師とよばれた。琵琶(びわ)にあわせて歌い語る盲人も多かった。大寺社に常駐してその任務にあたる者もあれば、遍歴に明け暮れる者もあったが、いずれもその社会的地位はいたって低かった。室町時代末ごろから、絵解の仕事は絵解比丘尼(びくに)(勧進(かんじん)比丘尼)とよばれる遍歴の尼(あま)に引き継がれた。[横井 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絵解法師の言及

【絵解き】より

… 鎌倉時代に至ると,元来宗教的なものであった絵解きの芸能化が急速に進み,話芸の特質を帯びるようになった。と同時に,寺社に属する専従の〈絵解法師〉と呼ばれる下級の絵解僧や,格好だけは僧形の散所(さんじよ)生活者の手にゆだねられ(《民経記》《東寺百合文書》など),聞き手層も下がり,絵解く内容は興味本位なもの,当意即妙なものへと変わっていった。室町時代には,絵巻や掛幅絵を携えて流浪漂泊した絵解法師とともに,寺社にまったく拘束されず,巷間に身を置き,貴紳の邸宅に出入りする俗人の〈絵解き(解説者)〉も出現した(《看聞御記》《春日若宮拝殿方諸日記》など)。…

※「絵解法師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone