コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法体 ほったい

5件 の用語解説(法体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法体
ほったい

仏教用語。すべての現象の実体,諸法の本体の意味。浄土門では阿弥陀仏の名号,あるいは念仏をいい,転じて出家者の姿をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐たい〔ホフ‐〕【法体】

ほったい(法体)

ほっ‐たい【法体】

仏語。
法の本体。宇宙万物の実体。
浄土教で、阿弥陀の名号や念仏のこと。
僧侶の姿になること。また、その姿。僧体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほうたい【法体】

ほったい【法体】

〘仏〙
諸物の本体。諸仏の根本をなす実体。
浄土教で、阿弥陀仏の名号みようごうや念仏のこと。
仏門に入って髪を剃り法衣を着た出家の姿。僧体。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法体の関連キーワード三大六大空有元亨利貞三極万物万物の霊長無為自然理観理体

法体の関連情報