コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法体 ほったい

大辞林 第三版の解説

ほうたい【法体】

ほったい【法体】

〘仏〙
諸物の本体。諸仏の根本をなす実体。
浄土教で、阿弥陀仏の名号みようごうや念仏のこと。
仏門に入って髪を剃り法衣を着た出家の姿。僧体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法体の関連キーワード秋田県由利本荘市鳥海町百宅現在有体過未無体公害対策基本法エクイティアルスノバコモンロー皇室典範法体の滝高倉永行アジール法の支配ガイウス律令格式分析法学近代国家大知文秀サビニー普通法大陸法市民法

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法体の関連情報