コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法体 ほったい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法体
ほったい

仏教用語。すべての現象の実体,諸法の本体の意味。浄土門では阿弥陀仏の名号,あるいは念仏をいい,転じて出家者の姿をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐たい〔ホフ‐〕【法体】

ほったい(法体)

ほっ‐たい【法体】

仏語。
法の本体。宇宙万物の実体。
浄土教で、阿弥陀の名号や念仏のこと。
僧侶の姿になること。また、その姿。僧体。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうたい【法体】

ほったい【法体】

〘仏〙
諸物の本体。諸仏の根本をなす実体。
浄土教で、阿弥陀仏の名号みようごうや念仏のこと。
仏門に入って髪を剃り法衣を着た出家の姿。僧体。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法体の関連情報