コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧進 かんじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧進
かんじん

元来は,仏道精神に励むことが功徳になるということを人に教えて,仏道に入ることをすすめるという意味。のち堂塔を造ったり,寺社の修理のために必要な寄付金を募ることをいうようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐じん〔クワン‐〕【勧進】

[名](スル)
人々に仏の道を説いて勧め、善導すること。
堂塔・仏像などの建立・修理のため、人々に勧めて寄付を募ること。勧化(かんげ)。「勧進して本堂を建立する」
僧の姿で物乞いをして歩くこと。また、その人。また、単に物乞いのこと。
「―してやうやう袂(たもと)に米ばかり」〈浮・娘気質・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんじん【勧進】

衆庶を教化救済することを目的とする宗教活動の意と,社寺や橋梁などの造営・修復のために衆庶より広く資財を集めることを目的とする募資活動の意がある。狭義には後者を指す。とくに中世の戦乱による寺社の炎上や寺社領の衰退のため,勧進聖(ひじり)や御師(おし)たちが諸国を回り,勧進帳を読みあげて,たとえ一紙半銭といえども喜捨すれば神仏の加護を得ると説き,結縁(けちえん)を勧めて資財を集め,社寺の復興に努めた。金品募集の手段として神仏の功徳を説く方法は,14世紀中葉には《師守記》の1364年(正平19∥貞治3)の条に〈薬王寺勧進猿楽〉とあるように,芸能によることもあり,近世には〈勧進相撲〉〈勧進芝居〉も広く行われるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじん【勧進】

( 名 ) スル
仏の教えを説き、信仰に入らせること。仏教を説いてまわること。勧化かんげ
寺社・仏像などの造立・修復のために寄付を集めること。勧化。
出家の姿で物乞いをすること。また、その人。 「はやりうたを歌い-をすれども/浮世草子・胸算用 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧進
かんじん

人に勧めて仏道に入らせ、善根功徳(くどく)を積ませること。勧化(かんげ)ともいう。たとえば念仏を勧めることを念仏勧進という。転じて、善根を積ませる意味で、寺院を建立・修繕する際、信者・有志者に説き勧めて費用を奉納させることをも意味した。勧進の趣意を記した寄付帳を勧進帳という。とくに梵鐘(ぼんしょう)鋳造のための募金を鐘鋳(かねい)の勧進といった。のちには費用を得る方法として興行を催し、観覧料の収入をあてることもあった。このような興行を勧進猿楽(さるがく)、勧進田楽(でんがく)、勧進能、勧進歌舞伎(かぶき)、勧進相撲(すもう)などとよんだ。勧進の仕事に従事する僧尼を勧進上人(しょうにん)、勧進聖(ひじり)、勧進比丘尼(びくに)などと称した。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勧進の言及

【勧進能】より

…近世以前にあった入場料をとって公開した大規模な能の催しをいう。勧進とは元来寺社建立,橋梁・道路等の整備補修のための臨時的な寄付募集行為で,勧進能も初めはその目的に沿って催されたが,後には能役者自身の収益をはかるために興行されるようになった。原則として能役者が勝手に興行することはできず,武家貴人の許可と後援とを必要とする特別な行為で,この点は江戸期にいたるまで変わらなかった。…

【勧進聖】より

…寺院の堂塔,仏像,鐘,あるいは各地の橋梁などの造立・修復のために資財(金品)を募りに回国する僧。神宮寺の社僧が神社再建のために勧進することもあった。勧進の原義は衆生救済のために,諸国を歩いて念仏を勧めることにあったが,莫大な経費を必要とする堂塔などの創・再建の資財調達を主目的として回国する聖を勧進聖と称するようになった。…

※「勧進」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勧進の関連キーワード石川県小松市安宅町東大寺大勧進職絵解き比丘尼慶光院守悦小歌比丘尼熊野比丘尼寄進浄瑠璃伊勢比丘尼勧進読み引き広ぐ勧進興行安宅の関寄進芝居浮世草子歌比丘尼勧進平家御家芸稽古能勧進船物乞い

勧進の関連情報