コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶えす タエス

デジタル大辞泉の解説

たえ・す【絶えす】

[動サ変]絶えるようになる。なくなる。尽きてしまう。
「かがり火にたちそふ恋の煙こそ世には―・せぬほのほなりけれ」〈・篝火〉
[動サ四]絶えるようにする。たやす。
「花を摘み、香(かう)を―・さず」〈浮・五人女・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たえす【絶えす】

( 動サ変 )
〔動詞「絶ゆ」の連用形に動詞「す」の付いた語〕 絶える。尽きる。なくなる。 「 - ・せじのわが頼みにや/源氏 総角
( 動四 )
〔「たやす(絶)」の転〕 絶えるようにする。なくする。絶やす。 「夏中げちゆうは毎日の花をつみ香を-・さず/浮世草子・五人女 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

絶えすの関連キーワード外浪逆浦浮世草子動詞

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android