コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対君主 ぜったいくんしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対君主
ぜったいくんしゅ

なにものにも拘束されない絶対的で無制限の権力をふるった君主であって,封建制から資本主義への過渡期に封建貴族と新興ブルジョアジーとの権力をめぐる均衡状態のもとで登場した。絶対君主は常備軍と家産官僚制とに支えられ,さらにイデオロギー的には王権神授説に支援され,分権的な中世国家を中央集権国家のもとに統一した。しかし,封建的社会構成や搾取関係の存続をはかるという反動的役割をも果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

絶対君主の関連キーワードナエフ・ビン・アブドルアジズ特権マニュファクチュアグイッチャルディーニフェデリーコ(2世)カルル・フリードリヒクリスティアン5世カール・アウグスト「朕は国家なり」ラーマ(7世)タマサート大学シュレーツァー民主化記念塔ツァーリズムサボイア家家父長権論国家法人説フィルマー立憲君主制専制君主制民撰議院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対君主の関連情報