コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常備軍 じょうびぐんstanding army

翻訳|standing army

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常備軍
じょうびぐん
standing army

平時から常設されている軍隊。ローマ帝国はローマ軍団をもち,時代によって規模が変った。封建時代のヨーロッパでは戦争のたびに軍隊が編制され,また,傭兵隊が大きな役割を演じた。近代的な常備軍は,スウェーデン王グスタフ2世によって 17世紀初めにつくられ,各国が模倣するようになったが,小規模の常備軍は 15世紀中頃から存在していた。グスタフ2世以前の常備軍は傭兵隊を中核とするものが多く,規模も小さかったので,志願兵,あるいは強制的に集められてきた兵から成り立っていた。常備軍は,臨時に編制され,あるいは雇われた軍隊よりも,忠誠心が高いだけでなく,既教育兵を確保する効果があった。日本における近代的な常備軍は,明治4 (1871) 年に各藩が常備兵編制定則を定めたのに次いで,明治新政府が薩摩,長州,土佐藩の兵を徴して,親兵を設置することを命じたのが始りである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

常備軍【じょうびぐん】

平時から編制されている専門的な軍隊。戦時に動員される予備・後備軍や,民兵と区別される。封建時代の騎士,日本の兵農分離後の武士(武家)などがそれであり,絶対主義国家も有力な常備軍を保持した。
→関連項目正規軍絶対王政傭兵陸軍

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じょうびぐん【常備軍】

平時にも国家が常置している軍隊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の常備軍の言及

【シビリアン・コントロール】より

…〈文民統制〉と訳す。一般的には軍人は文民civilianの権力に服従すべきことを意味するが,巨大な常備軍を備える現代国家において,シビリアン・コントロールの意味するところは一義的でない。シビリアン・コントロールの思想と制度は,清教徒革命および名誉革命を経たイギリス,これに学んだ独立革命後のアメリカにおいて生まれた。…

【戦争】より

…彼らは100人未満の小集団をなし隊長の固い統率下にあり,合戦ごとに傭われた。職業的戦闘員という点は後の常備軍志願兵と共通しているが,集団単位で契約すること,短期契約であることが違っている。雇用外の時には略奪集団に転じ,治安に大害を及ぼした。…

【徴兵令】より

…明治・大正期における国民の兵役義務に関して定めた法令。廃藩置県後,1万足らずの政府直轄軍である親兵のほかには旧各藩兵から成る4鎮台歩兵10大隊と19小隊・砲隊2隊の地方軍しかもっていなかった明治政府は,早急に統制ある常備軍建設の必要に迫られた。実現すべき兵制については,壮兵=職業兵制とするか,徴兵制とするか,民兵=国民軍制とするかについて議論があったが,陸軍大輔山県有朋の主導権のもとに徴兵制が採用され,1872年(明治5)11月に徴兵の詔・徴兵告諭,翌年1月に徴兵編成並概則を布告した。…

※「常備軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

常備軍の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム[1世]フリードリヒ・ウィルヘルム[1世]フリードリヒ・ウィルヘルムシャー・アッバース[1世]フリードリヒ・ウィルヘルム社会民主連盟[イギリス]フリードリヒウィルヘルムシビリアン・コントロールマーチャーシュ[1世]北大西洋軍最高司令部ホスロー[1世]ダビト[4世]デーンゲルド番方・役方革命委員会マンスール軍事政権小十人組山西商人安史の乱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常備軍の関連情報