絶対安静(読み)ゼッタイアンセイ

大辞林 第三版の解説

ぜったいあんせい【絶対安静】

重病のため歩行・会話を必要最小限に保ち、療養に専念する状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜったい‐あんせい【絶対安静】

〘名〙 病気やけがの重い人を寝たままの姿勢で動かさないようにし、他からの刺激をさけて平静な状態を保たせること。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉日本脱出記「暫く落ちついてゐたと思った肺が、急に又悪くなったのだ。医者からは絶対安静を命ぜられた」
※春は馬車に乗って(1926)〈横光利一〉「『あたしも行きたい』と妻は云ふと、急に寝台の上で腹を波のやうにうねらせた。『お前は絶対安静だ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対安静の関連情報