絶対安静(読み)ゼッタイアンセイ

大辞林 第三版の解説

ぜったいあんせい【絶対安静】

重病のため歩行・会話を必要最小限に保ち、療養に専念する状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜったい‐あんせい【絶対安静】

〘名〙 病気やけがの重い人を寝たままの姿勢で動かさないようにし、他からの刺激をさけて平静な状態を保たせること。
※日本脱出記(1923)〈大杉栄〉日本脱出記「暫く落ちついてゐたと思った肺が、急に又悪くなったのだ。医者からは絶対安静を命ぜられた」
※春は馬車に乗って(1926)〈横光利一〉「『あたしも行きたい』と妻は云ふと、急に寝台の上で腹を波のやうにうねらせた。『お前は絶対安静だ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対安静の関連情報