継続審議(読み)ケイゾクシンギ

精選版 日本国語大辞典の解説

けいぞく‐しんぎ【継続審議】

〘名〙 国会の議案審議の方法の一つ。会期中に議決されなかった案件は、次の会期では審査されないのが普通だが、国会法の定めにより、例外として委員会付託になっている案件を閉会中にその委員会で審議して次の会期にそのまま引き継ぐこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の継続審議の言及

【国会】より

… 白票・青票合議体で議案につきメンバーの賛否の意思表示を表決というが,議員が記名投票で表決をする場合,問題を可とする者は白い名入り木札(白票)を投票箱に,否とする者は青票を投ずることになっている。 継続審議会期中に議決に至らない案件は後の会期に継続しないが,閉会中,委員会での審査が認められた議案と懲罰事犯は継続審議が認められる(国会法68条但書)。 一事不再議議会の意思がひとたび決定された以上,同一会期において再度同一問題について審議決定をなしえないとする原則。…

※「継続審議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

継続審議の関連情報