コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続ぎ歌/継(ぎ)歌/次歌 ツギウタ

デジタル大辞泉の解説

つぎ‐うた【続ぎ歌/継(ぎ)歌/次歌】

歌会で、五十首・百首など一定数の詠題をくじなどで分け、列座の複数の作者が次々に和歌を詠むこと。また、その和歌。鎌倉中期以降に流行。
次節(つぎぶし)異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

続ぎ歌/継(ぎ)歌/次歌の関連キーワード次節歌会列座和歌

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android