コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌会 うたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌会
うたかい

題に応じて詠んだ和歌を互いに披露し,鑑賞や批評を行う合。「かかい」ともいう。その発生は奈良時代にさかのぼり,現在にまでいたっているので,内容,規模にはかなりの幅がある。題詠が盛んになって形式的に完備した平安時代の例をとれば,あらかじめ出された題を詠んだを清書し,読師 (とくし) が整理して,講師 (こうじ) が読上げ,儒者が代作した序を献上するという形で行われた。歌合 (うたあわせ) や中殿御会 (ちゅうてんのぎょかい) などはその典型的なものであるが,年中行事,花見,月見,雪見,行幸,神仏事,庚申 (こうしん) などさまざまな機会に催され,柿本人麻呂を祀って歌を詠む人麻呂影供 (えいぐ) や,学問,歌道にちなむ竟宴 (きょうえん) 和歌のような特殊なものもあった。現在では各流派で行われているものや,宮中で催される歌会始などがある。 (→歌披講 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うた‐かい〔‐クワイ〕【歌会】

人々が集まって、互いに詠んだ和歌を発表し批評し合う会。かかい。歌の会。

か‐かい〔‐クワイ〕【歌会】

人々が集まって和歌を詠み、互いに発表する会。うたかい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うたかい【歌会】

歌の会。歌人が集まって詠んだ歌を披講ひこうし批評し合う会。かかい。

かかい【歌会】

歌を持ち寄ったり、その場で作ったりして、互いに示し合う会。うたかい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歌会の関連キーワード歌会(うたかい)歌会(かかい)宮中歌会始め大原 重明岡野直七郎観潮楼歌会凡河内躬恒大原重明御前披講熊野懐紙樹下範子晴れの歌歌御会始宮本竹逕人丸影供法楽歌会続ぎ歌袋草紙春の海下詠み

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌会の関連情報