綱手(読み)つなで

精選版 日本国語大辞典「綱手」の解説

つな‐で【綱手】

〘名〙 (古くは「つなて」) につないで引く。また、大船が小船を航するために用いる綱。多く麻綱を用いる。川船が川を上るとき船の中央に立てた引柱の上につけて陸上から引く綱をもいう。引き綱。綱手縄
万葉(8C後)一一・二四三八「人言(しま)しそ吾妹(わぎも)縄手(つなて)引く海ゆまさりて深くしそ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綱手」の解説

つな‐で【綱手】

《古くは「つなて」とも》船につないで引く綱。ひきづな。
「人言はしましそ我妹―引く海ゆまさりて深くしそ思ふ」〈・二四三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android