綱手(読み)ツナデ

デジタル大辞泉の解説

つな‐で【綱手】

《古くは「つなて」とも》につないで引く。ひきづな。
「人言はしましそ我妹―引く海ゆまさりて深くしそ思ふ」〈・二四三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つな‐で【綱手】

〘名〙 (古くは「つなて」) 船につないで引く綱。また、大船が小船を曳航するために用いる綱。多く麻綱を用いる。川船が川を上るとき船の中央に立てた引柱の上につけて陸上から引く綱をもいう。引き綱。綱手縄
※万葉(8C後)一一・二四三八「人言は暫(しま)しそ吾妹(わぎも)縄手(つなて)引く海ゆまさりて深くしそ思ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android