コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網屋市郎兵衛 あみや・いちろべえ

1件 の用語解説(網屋市郎兵衛の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

網屋市郎兵衛

生年:生没年不詳
江戸前期,江戸の干鰯(肥料)問屋。承応年間(1652~55),南茅場町に江戸で最初の干鰯問屋を開いたと伝えられる。確実な史料では元禄9(1696)年,下総国銚子辺の漁師,商人の後押しで深川海辺大工町に江戸で最初の干鰯揚場(銚子場)を設けた問屋6軒のなかにみえるのが初見。産地とも連携しつつ江戸干鰯問屋の隆盛の基礎を築いた。18世紀半ば以降,江戸干鰯問屋としてはその名が見いだせず,没落したか異業種へ転換したものであろう。<参考文献>『大日本近世史料 諸問屋再興調』8巻

(原直史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網屋市郎兵衛の関連キーワード江戸前二十四組問屋船問屋江戸風女形人形米問屋承応丹前節加田屋助右衛門兵庫屋弥右衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone