コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網打ち あみうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

網打ち
あみうち

相撲の決まり手の一つ。不用意に出てくる相手の右 (左) 腕を,右 (左) 手は下から,左 (右) 手は上から,もろに抱え,とっさに自分の腰を右 (左) へひねり,右 (左) 後ろへ振り捨てる。同じ形から,右 (左) 足で,蹴返し,あるいは二枚蹴りにいきながら網打ちにいけば,蹴網打ち。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あみうち【網打ち】

投網とあみを打ち、魚を取ること。また、その人。
相撲の決まり手の一。相手の差し手を両手でかかえ、差し手の側へひねり倒す技。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

網打ちの関連キーワード網模様燈籠菊桐決り手三社祭腕捻り申酉釣り

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

網打ちの関連情報