綺・辞・弄(読み)いろい

精選版 日本国語大辞典の解説

いろい いろひ【綺・辞・弄】

〘名〙 (動詞「いろう(綺)」の連用形の名詞化)
① 口出しすること。干渉すること。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)一一月二四日「現在謀反人跡之外者、可止地頭之旨。面々加下知候者也」
浮世草子・諸国心中女(1686)三「おや兄弟(はらから)のいろひをいかがすべき」
② あげつらうこと。争い口論すること。
兼載雑談(1510頃)「新菟玖波集の時、句数多少贔負あるとて、相論のさたしげかりし時、兼載云、わが句を、一句もこの集に入れずして、集のいろいをやむべしと有しに」

いろ・う いろふ【綺・辞・弄】

[1] 〘自ハ四〙
① かかわり合う。関与する。世話をやく。
※前田本枕(10C終)二六六「くら人五位とていそがしくおひつかふめれば、いづくにもいろひて見ゆめる」
※源氏(1001‐14頃)松風「例の忍ぶる道はいつとなくいろひ仕うまつる人なれば」
② 口出しする。干渉する。
※平家(13C前)一二「ここに文覚もとよりおそろしき聖にて、いろうまじき事にいろいけり」
③ 争う。さからう。断わる。辞退する。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「武藤太も酒なくては、いかで情を引くことあらんとおもひて、ふかくもいろはず」
[2] 〘他ハ四〙 (弄) 手を触れる。いじる。もてあそぶ。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)二「後人が王衍が料足をいろうを見て指銭阿堵物を挙るやと云たを、さては料足の事ぢゃと心得たぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android