コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿摘み ワタツミ

2件 の用語解説(綿摘みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わた‐つみ【綿摘み】

成熟した綿花を摘み取ること。また、その人。綿取り。 秋》「―やたばこの花を見て休む/蕪村
江戸時代に、塗り桶2を使って綿を延ばし、小袖の中入れ綿や綿帽子を作った仕事。また、それに従事した女。表向きはこの作業の女工と称し、売春した私娼をいった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わたつみ【綿摘み】

熟した綿花を摘み取ること。また、その人。綿取り。 [季] 秋。
真綿を延ばし綿帽子や小袖の中入れ綿を作る仕事。
近世、表向きはの作業を装い、実は売淫していたもの。 「をどりこ・-などいふ妓女の類を禁ぜらるる制条を出さる/折たく柴の記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綿摘みの関連情報