綿襖冑(読み)めんおうちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿襖冑
めんおうちゅう

奈良時代末期~平安時代初期に,遣唐使が将来した甲冑を手本として製作された甲冑。『続日本紀』によると淳仁天皇天平宝字5 (761) 年8月,遣唐使が帰国に際して兵仗の「様 (ためし) 甲冑一具」その他を将来したことが記されている。綿は布,襖は「あわせのきぬ」とも読むから,布に鉄もしくは革の小札 (こざね) を縫込みあるいは表面に縫付けた甲冑と推察される。唐時代の明器土偶にそれらしきものがあり,また鎌倉時代の『蒙古襲来絵巻』には綿襖冑に該当する甲冑を着装した蒙古の武人が描かれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android