コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淳仁天皇 じゅんにんてんのう

8件 の用語解説(淳仁天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淳仁天皇
じゅんにんてんのう

[生]天平5(733).奈良
[没]天平神護1(765).10.23. 淡路
第 47代の天皇 (在位 758~764) 。名は大炊 (おおい) 王。舎人親王 (崇道尽敬皇帝) の第7皇子,母は皇太夫人当麻山背。天平宝字2 (758) 年践祚。時の有力者藤原仲麻呂の長男真従 (まより) の妻であった粟田諸姉 (あわだのもろね) を妃とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅんにん‐てんのう〔‐テンワウ〕【淳仁天皇】

[733~765]第47代天皇。在位758~764。舎人親王(とねりしんのう)の第7王子。名は大炊(おおい)。重用した藤原仲麻呂道鏡排斥が失敗に終わり廃位、淡路に流された。淡路廃帝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淳仁天皇【じゅんにんてんのう】

天武天皇皇子舎人(とねり)親王第7子。758年即位。藤原仲麻呂を重用したが,764年仲麻呂は反乱を起こして討たれ,天皇は廃されて淡路(あわじ)に幽閉,淡路公・淡路廃帝と称された。
→関連項目小墾田宮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淳仁天皇 じゅんにんてんのう

733-765 奈良時代,第47代天皇。在位758-764。
天平(てんぴょう)5年生まれ。父は舎人(とねり)親王。母は当麻山背(たいまの-やましろ)。孝謙天皇の譲位をうけ,藤原仲麻呂(なかまろ)(恵美押勝)に推されて即位。新銭(万年通宝,大平元宝,開基勝宝)をつくり,旧銭(和同開珎)と併用させた。藤原仲麻呂の乱がおきると,孝謙上皇に実権をうばわれ,天皇は廃され淡路(あわじ)に流された。天平神護元年10月23日死去。33歳。明治3年弘文・仲恭天皇とともに歴代にくわえられた。墓所は淡路陵(あわじのみささぎ)(兵庫県南淡町)。別名は大炊(おおい)王,淡路公,淡路廃帝。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

淳仁天皇

没年:天平神護1.10.23(765.11.10)
生年:天平5(733)
奈良時代の天皇。天武天皇の孫。舎人親王と当麻山背の子。諱は大炊王。天平勝宝9(757)年3月,聖武の遺詔によって立太子した道祖王にかわり,藤原仲麻呂の強い推挙により皇太子となった。これより前,大炊王は仲麻呂の長子真従の未亡人粟田諸姉を妻とし,仲麻呂の私邸である田村第に住んでいた。このような仲麻呂の専横を妬む橘奈良麻呂らの謀議の計画がつぶされたのち,翌天平宝字2(758)年孝謙天皇の譲位を受けて即位した。同4年光明皇太后亡くなると,道鏡の処遇をめぐって孝謙上皇と淳仁・仲麻呂の不和が表面化し,皇権の分裂を生み,国家の大権はむしろ上皇側が握ることになった。同8年9月,追いつめられた仲麻呂は乱を起こして局面の打開をはかったが,逆賊として追討され敗死した。同時に淳仁天皇も廃帝となり,淡路に流されて配所の一院に幽閉された。天平神護1(765)年10月廃帝は逃走をはかったが,捕らえられ,院中で33歳の生涯を閉じた。宝亀9(778)年3月,淡路国三原郡の墓は山陵扱いとなったが,弘文・仲恭両天皇と共に淳仁の諡号が贈られたのは明治3(1870)年のことである。兵庫県南淡町の天王森丘が陵所とされる。<参考文献>岸俊男『藤原仲麻呂』

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんにんてんのう【淳仁天皇】

733‐765(天平5‐天平神護1)
第47代に数えられる天皇。在位758‐764年。天武天皇の皇子舎人(とねり)親王の第7子。母は当麻山背。諱(いみな)は大炊(おおい)王。立太子以前に藤原仲麻呂の長子真従(まより)の未亡人粟田諸姉(あわたのもろあね)を妻とし,仲麻呂の邸宅である田村第に住んでいた。この関係から,仲麻呂は彼の立太子と即位を望んだ。時の皇太子は聖武太上天皇の遺詔によって立太子した道祖(ふなど)王(新田部親王の子)であったが,757年(天平宝字1)3月に廃され,翌4月に大炊王が立太子した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅんにんてんのう【淳仁天皇】

733~765) 第四七代天皇(在位758~764)。名は大炊おおい。舎人親王の子。朝政に藤原仲麻呂を登用、仲麻呂の乱により廃されて淡路に配流された。淡路廃帝。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淳仁天皇
じゅんにんてんのう
(733―765)

第47代天皇(在位758~764)。天武(てんむ)天皇の孫。舎人(とねり)親王王子。母は当麻山背(たいまのやましろ)。諱(いみな)は大炊王(おおいおう)。孝謙(こうけん)天皇の皇太子は初め道祖(ふなど)王であったが、天皇のもとで権力を振るった藤原仲麻呂(なかまろ)は、757年(天平宝字1)道祖王を廃し、大炊王を皇太子にたてた。これは、仲麻呂が彼の邸宅田村第に大炊王を迎え、仲麻呂の子真従(まより)の未亡人粟田諸姉(あわたのもろあね)と結婚させていたからである。翌年即位し、天皇のもとで仲麻呂は専権を振るった。しかし762年に天皇は孝謙上皇と対立し、上皇は天皇から国家の大事と賞罰の権を奪い、764年に仲麻呂の乱が起こると、10月淳仁を廃して淡路(あわじ)公とし淡路国(兵庫県淡路島)に幽閉した。翌765年(天平神護1)10月逃れようとして捕らえられ、翌23日薨(こう)じた。淡路廃帝とよばれる。陵墓は兵庫県南あわじ市賀集(かしゅう)の淡路陵(あわじのみささぎ)[福井俊彦]
『中川収著『奈良朝政争史』(1979・教育社) ▽岸俊男著『藤原仲麻呂』(1969・吉川弘文館) ▽北山茂夫著『女帝と道鏡』(1969・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の淳仁天皇の言及

【恵美押勝の乱】より

…奈良時代に恵美押勝(藤原仲麻呂)が起こした反乱。橘奈良麻呂の変を未然に鎮圧した藤原仲麻呂は,早世した長男真従の妻であった粟田諸姉をめあわせた大炊王を淳仁天皇として擁立し,またみずからを恵美押勝と称すること,私的に銭貨を鋳造し出挙(すいこ)を行うこと,および恵美家の印を任意に公的に用いることを許された。そして太保(右大臣),ついで太師(太政大臣)に進み,位階もついには正一位に達し,その間中国の唐を模倣したさまざまな重要施策を実行に移した。…

【小墾田宮】より

…また,壬申の乱当時,小墾田には兵庫があり,争奪の対象となった。奈良時代,淳仁天皇は,760年(天平宝字4)8月から翌年1月ごろにかけて,小墾田(岡本)宮に移ったことがあった。この前後に,小墾田禅院,小墾田寺の存在を示す史料もある。…

【白峯神宮】より

…京都市上京区に鎮座。崇徳天皇,淳仁天皇をまつる。崇徳天皇は保元の乱のあと,讃岐国に流され,その地で没し,白峯陵(坂出市内)に葬られたが,1866年(慶応2)孝明天皇が京都に神霊を迎えまつろうとしてならず,68年(明治1)現地に白峯宮を創建してまつり,73年淡路島の淡路陵に葬られた淳仁天皇の神霊を迎え合祀した。…

【藤原仲麻呂】より

…同年紫微内相(ないしよう)となって軍事権も手中にした仲麻呂は,諸兄の長子橘奈良麻呂や,大伴,佐伯,多治比ら反仲麻呂勢力の反乱を未然に鎮圧し(橘奈良麻呂の変),独裁政権を確立した。ついで758年大炊王が即位し淳仁天皇となると太保(右大臣)となり,恵美押勝の姓名,功封3000戸,功田100町を賜り,鋳銭,出挙(すいこ)の自由な権限を手中にし,また,恵美家印を太政官印にかえて用いることも許され,760年にはついに太師(太政大臣)となった。 しかし同年光明皇太后が没すると,しだいに政権にかげりがあらわれはじめた。…

※「淳仁天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

淳仁天皇の関連キーワード崇道天皇舎人親王新田部親王飛鳥田女王境部王当麻山背多紀内親王智通(1)三原王神王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淳仁天皇の関連情報