コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒙古襲来絵巻 もうこしゅうらいえまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蒙古襲来絵巻
もうこしゅうらいえまき

文永,弘安両役における肥後国の御家人竹崎季長武功を中心に描いた絵巻。『蒙古襲来絵詞 (もうこしゅうらいえことば) 』『竹崎季長絵詞』ともいう。紙本着色,2巻。原本は宮内庁三の丸尚蔵館蔵。錯簡や脱落が多く,詞と絵の段数は不明確。絵は土佐長隆,長章の父子と伝えられるが明確ではない。奥書永仁1 (1293) 年の年記があり,これを疑問とする説があるが,ほぼこの頃の制作と推定される。また装束,武具などの描写は正確で,工芸品の傍証資料としての価値が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蒙古襲来絵巻の関連キーワード鉄砲伝来なぎなた綿襖冑元寇文永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android