綿金襴(読み)メンキンラン

  • 綿金×襴

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 金襴の模造品の一つ。ガス糸を経(たていと)に、ガス糸に平金糸(ひらきんし)・擬金糸(まがいきんし)を加えたものを緯(よこいと)にし、絵緯(えぬき)の浮きを押える搦糸(からみいと)に絹糸を用いて織ったもの。表装、人形の衣装などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android