綿金襴(読み)メンキンラン

大辞林 第三版の解説

めんきんらん【綿金襴】

ガス糸を使って金襴に似せた織物。表装などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めん‐きんらん【綿金襴】

〘名〙 金襴の模造品の一つ。ガス糸を経(たていと)に、ガス糸に平金糸(ひらきんし)・擬金糸(まがいきんし)を加えたものを緯(よこいと)にし、絵緯(えぬき)の浮きを押える搦糸(からみいと)に絹糸を用いて織ったもの。表装、人形の衣装などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android