綿金襴(読み)めんきんらん

精選版 日本国語大辞典「綿金襴」の解説

めん‐きんらん【綿金襴】

〘名〙 金襴模造品の一つ。ガス糸を経(たていと)に、ガス糸に平金糸(ひらきんし)擬金糸(まがいきんし)を加えたものを緯(よこいと)にし、絵緯(えぬき)の浮きを押える搦糸(からみいと)絹糸を用いて織ったもの。表装人形衣装などに用いる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綿金襴」の解説

めん‐きんらん【綿金×襴】

縦糸に細いガス糸、横糸平金糸ひらきんし擬金糸まがいきんしを加えたガス糸を用いて織った金襴。ひな人形の衣装などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android