コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表装 ひょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表装
ひょうそう

書画の本紙を掛軸,帖などに仕立てること。古くは表補衣 (ひょうほえ) などといい,安土桃山時代以降は表装,表具という。室町時代に掛軸形式の鑑賞絵画が発達したのに伴って表装技法にも工夫が凝らされ,江戸時代に真行草の3体の形式が決った。表装を行うものを表装師,表具師経師 (きょうじ) などという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐そう〔ヘウサウ〕【表装/×裱装】

[名](スル)表具」に同じ。「書を―してに仕立てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

表装【ひょうそう】

表具とも。書画を掛軸や帖(じょう),巻物,屏風(びょうぶ),襖(ふすま)などに仕上げる技術。保存,鑑賞が目的。その職人を経師(きょうじ)屋という。
→関連項目掛物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうそう【表装】

( 名 ) スル
書画の保存と鑑賞のために布・紙などで縁どりや裏打ちなどをして掛軸・額に仕立てること。また、布または紙をはって、屛風びようぶ・襖ふすまなどに仕立てること。表具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

表装
ひょうそう

書画の保存や鑑賞のために、裂地(きれじ)や紙などを補って掛物(掛幅・掛軸)や巻物(巻子(かんす))、あるいは額、屏風(びょうぶ)、襖(ふすま)、衝立(ついたて)、冊子(さっし)、帖(じょう)などに仕立てること。表具ともいう。奈良時代には、経巻の表装を装(そうこう)(「装」は截断(せつだん)、「」は染める)とよんだ。掛物の表装は、平安時代には、本紙の上下に紙か裂地を足し、下に軸木をつけた程度の簡単な形式(『餓鬼(がき)草紙』東京国立博物館本などの画中に見られる)であったらしいが、鎌倉時代に禅宗とともに中国・宋(そう)時代の表装の技術が将来され、室町時代には書院造が完成して、それまで長押(なげし)にかけられた掛物が床の間にかけられるようになると、舶載の貴重な裂などを使用した多様な形式が発達した。茶道の流行とも深く結び付き、表(ひょうほえ)(真(しん))・幢(どうほえ)(行(ぎょう))・輪(りんほえ)(草(そう))の形式分類も行われるようになる。やがて、一文字や中回(ちゅうまわし)(中縁(ちゅうべり))などの裂地や、各部分の寸法に依頼者の好みが反映されるようになり、それらは、珠光様(じゅこうよう)、紹鴎(じょうおう)様、利休(りきゅう)様、石州(せきしゅう)様などとよばれた。真・行・草の分類のほかに、本紙の内容や用途などに由来する形式名として、本尊表具、大和(やまと)表具、見切表具、袋表具、明朝(みんちょう)仕立、台表具、円窓(えんそう)、柱隠(はしらかくし)などがある。[松原 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の表装の言及

【掛物】より

…掛軸また掛幅(かけふく)ともいい,裂(きれ)や紙で表装(ひようそう)し,床の間に掛けるようにした絵または書をいう。その起源は中国北宋からで,〈挂軸〉の名で現れる。…

【表具・表装】より

…書蹟や絵画などの鑑賞や保存のため,裂地(きじ)や紙などを補って,掛軸,額,屛風,襖,衝立,巻物,冊子,帖など各種の形式に仕立てることをいう。奈良・平安時代には装潢(そうこう)といい,おもに経巻の表装が行われた。鎌倉時代に入ると裱褙(ひようほえ)と呼ばれ,書画の表装を専門に行う裱褙師が出現し,経巻の表装には経師(きようじ)が当たった。…

※「表装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

表装の関連キーワード書き表具・書表具短冊掛け・短冊掛古代裂・古代切紙表具・紙裱具御簾紙・三栖紙巻き物・巻物掛け物・掛物表褙・裱褙表具・裱具表具・表装大和表具クロス装古代切綿金襴中回し装飾紙黒船切裏打ち経師屋紙表具

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表装の関連情報