総動脈幹遺残(症)(読み)そうどうみゃくかんいざんしょう

家庭医学館「総動脈幹遺残(症)」の解説

そうどうみゃくかんいざんしょう【総動脈幹遺残(症)】

 大血管(大動脈肺動脈)のが1つで、大血管と心室レベルで短絡(たんらく)がおこり、肺血流量が増加します。動脈幹中隔と円錐部(えんすいぶ)中隔(図「中隔、弁膜の位置と名称」)の形成不全が原因と考えられています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android