コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合課税 ソウゴウカゼイ

デジタル大辞泉の解説

そうごう‐かぜい〔ソウガフクワゼイ〕【総合課税】

納税義務者の各種の所得を一つに合算した額に対して課税すること。→分離課税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

投資信託の用語集の解説

総合課税


その人が得た年間のすべての所得の合計から控除額を引いた額について課税すること。

出典|(社)投資信託協会投資信託の用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうごうかぜい【総合課税】

納税義務者の各種の所得または収益の総計に対して課税する方法。 ↔ 分離課税

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の総合課税の言及

【分離課税】より

…近代的所得税は一般に総合課税主義をとり,個人に帰属する所得を総合して累進課税を行う。しかし分離課税とは,特定の所得について,他の所得と総合すれば税負担が過重となるため,あるいは一定の政策目的を促進するため,他の所得と合算しないで課税する方式を指す。…

【利子・配当課税】より

…また配当所得とは,法人から受ける利益の配当だけでなく,建設利息の配当,剰余金の分配および証券投資信託(公社債投資信託を除く)の収益の分配を含む。 第2次大戦後の税制の出発点とされるシャウプ税制(1950)では,あらゆる所得の総合課税主義が徹底して貫かれ,近代的所得税制が確立された。しかしその後,利子所得源泉分離課税(1953以降),配当所得源泉選択課税(1965以降),さらには国債大量発行とともに国債利子別枠非課税(1968以降)が実施されて,総合課税の建前が崩されるに至った。…

※「総合課税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総合課税の関連キーワードサプライ・サイド経済学株式譲渡の申告分離課税少額貯蓄非課税制度総合課税・分離課税利子・配当課税納税者番号制配当分離課税申告分離課税シャウプ勧告総合課税制度納税義務者みなし配当為替差益源泉徴収二重課税通知預金配当所得所得税

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総合課税の関連情報