コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑きょう病 りょくきょうびょう

1件 の用語解説(緑きょう病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑きょう病
りょくきょうびょう

蚕の硬化病の一種。緑きょう病菌の寄生による。発病時期はおもに初秋,晩秋蚕期であり,春蚕,夏蚕には少い。発病するのはおもに3齢期であるが,潜伏期間が長いので感染時期は稚蚕期,特に1齢中と推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の緑きょう病の言及

【硬化病】より

…分生子はそれぞれの病原菌特有の色を呈するので,死体は白・黄・緑・赤・黒色などの粉でおおわれた状態になる。それぞれの色によって白きょう病,黄きょう病,緑きょう病,赤きょう病,黒きょう病などと呼ばれている。〈きょう〉は〈殭〉の字を当て,死んでも腐らないとの意味である。…

※「緑きょう病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緑きょう病の関連キーワード硬化病銹病稲熱病菌症黒星病べと病立枯れ病白殭病軟腐病ミドリカビ病菌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone