コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斃死 ヘイシ

デジタル大辞泉の解説

へい‐し【×斃死】

[名](スル)のたれ死にすること。行き倒れ。「たとい斃死するとも初志を貫きたい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいし【斃死】

( 名 ) スル
行き倒れて死ぬこと。野垂れ死に。 「逃避行の果て野山に-した」 「そして第二発目の我が弾丸に腹部を貫通せられて、終に-したものだと判定せられた/肉弾 忠温

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

斃死の関連キーワードトリインフルエンザホタテガイヤマカガシごろつき蚕白きょう病野垂れ死に緑きょう病富栄養湖水質汚濁人工孵化漁業公害酸欠死軟化病かぐ赤潮斃仆アユ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android