コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬化病 こうかびょうmuscardine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬化病
こうかびょう
muscardine

昆虫の病気で,死体が硬化するのでこの名がある。糸状菌の菌胞子体表で発芽し,発芽管が皮から体内に侵入し,菌糸となって全身をおかす。特に蚕の病気についていう。白きょう (はくきょう) 病,黄きょう病緑きょう病,黒きょう病などがある。防除法としてはホルマリン高度さらし粉による蚕室蚕具の消毒が有効である。蚕体消毒剤も数種ある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうか‐びょう〔カウクワビヤウ〕【硬化病】

昆虫に糸状菌が寄生し、体が硬化して死ぬ病気の総称。蚕の白殭病(はっきょうびょう)など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

硬化病【こうかびょう】

糸状菌の寄生によって起こる昆虫,特にカイコの病気の総称。病蚕は食欲減退し特有の皮膚病斑を現して死に至りその後硬化する。死蚕の表面に生成した胞子はその菌種独特の色を呈するので白きょう病,緑きょう病,黄きょう病などと分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうかびょう【硬化病 muscardine】

糸状菌の寄生によって起こる昆虫の病気のうち,死体が硬化しミイラ状になるものの総称。とくにカイコの糸状菌病についていわれるが,このうちこうじかび病は糸状菌による病気ではあるが,幼虫死体が軟化するので硬化病とは呼ばない。病原菌の分生子は昆虫の皮膚に付着して適当な温度と湿度が与えられると発芽し,発芽管は伸長して菌糸となり,昆虫の皮膚を貫通する。菌糸が血液に達すると短菌糸を形成する。昆虫体内での菌の生育増殖は血液中で短菌糸や菌糸の形態で行われるが,菌糸は真皮細胞,脂肪組織,筋肉の一部を侵害することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうかびょう【硬化病】

昆虫類の病気。死骸が硬化しミイラ状になるのが特徴。糸状菌の寄生による。特に、蚕の白殭はつきよう病が知られる。 → 軟化病

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

硬化病の関連キーワード先天性ネフローゼ症候群イエバエを殺すカビステント(医学)冠状動脈硬化症テストステロン軟化病

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硬化病の関連情報