コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬化病 こうかびょう muscardine

5件 の用語解説(硬化病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬化病
こうかびょう
muscardine

昆虫の病気で,死体が硬化するのでこの名がある。糸状菌の菌胞子が体表で発芽し,発芽管が皮から体内に侵入し,菌糸となって全身をおかす。特に蚕の病気についていう。白きょう (はくきょう) 病,黄きょう病緑きょう病,黒きょう病などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうか‐びょう〔カウクワビヤウ〕【硬化病】

昆虫に糸状菌が寄生し、体が硬化して死ぬ病気の総称。蚕の白殭病(はっきょうびょう)など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硬化病【こうかびょう】

糸状菌の寄生によって起こる昆虫,特にカイコの病気の総称。病蚕は食欲減退し特有の皮膚病斑を現して死に至りその後硬化する。死蚕の表面に生成した胞子はその菌種独特の色を呈するので白きょう病緑きょう病,黄きょう病などと分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうかびょう【硬化病 muscardine】

糸状菌の寄生によって起こる昆虫の病気のうち,死体が硬化しミイラ状になるものの総称。とくにカイコの糸状菌病についていわれるが,このうちこうじかび病は糸状菌による病気ではあるが,幼虫死体が軟化するので硬化病とは呼ばない。病原菌分生子は昆虫の皮膚に付着して適当な温度と湿度が与えられると発芽し,発芽管は伸長して菌糸となり,昆虫の皮膚を貫通する。菌糸が血液に達すると短菌糸を形成する。昆虫体内での菌の生育増殖は血液中で短菌糸や菌糸の形態で行われるが,菌糸は真皮細胞,脂肪組織,筋肉の一部を侵害することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかびょう【硬化病】

昆虫類の病気。死骸が硬化しミイラ状になるのが特徴。糸状菌の寄生による。特に、蚕の白殭はつきよう病が知られる。 → 軟化病

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬化病の関連キーワード稲熱病菌症糸状虫寸白白点病白殭病鉤虫症地中海熱あおかび病蟯虫症 (oxyuriasis)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬化病の関連情報