コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接合藻類 せつごうそうるいConjugatophyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接合藻類
せつごうそうるい
Conjugatophyte

緑色藻類の一分類群。近時は緑藻類中に数えられているが,H.エングラーの分類体系においては一つの門として取扱われた。葉緑素を十分にもった点は一般の緑藻類と変りはないが,この類は生殖時に胞子,遊走子などを形成せず,配偶子嚢と配偶子嚢とが接合して,そこに厚膜の接合子を生じ,それは休眠後に発芽する。単細胞のもの (例:ツヅミモミカヅキモ) ,糸状に並んだもの (例:チリモ) ,糸状のもの (例:アオミドロホシミドロ) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せつごうそうるい【接合藻類】

緑藻類の一目であるホシミドロ目に属する藻類群の総称。淡水に生育し、単細胞または細胞が一列に並んで糸状をなす。葉緑体をもち、体細胞の接合による有性生殖を行う。アオミドロ・ホシミドロ・ミカズキモなど。接合藻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

接合藻類の関連キーワードミカヅキモ(三日月藻)ホシミドロ(星水泥)ヒザオリ(膝折)ツヅミモ(鼓藻)チリモ(塵藻)デスミッド単細胞生物接合菌類体細胞葉緑体植物両性総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android