コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接合藻類 せつごうそうるいConjugatophyte

3件 の用語解説(接合藻類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

接合藻類
せつごうそうるい
Conjugatophyte

緑色藻類の一分類群。近時は緑藻類中に数えられているが,H.エングラーの分類体系においては一つの門として取扱われた。葉緑素を十分にもった点は一般の緑藻類と変りはないが,この類は生殖時に胞子,遊走子などを形成せず,配偶子嚢と配偶子嚢とが接合して,そこに厚膜の接合子を生じ,それは休眠後に発芽する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せつごう‐そうるい〔セツガフサウルイ〕【接合藻類】

緑藻の一群。淡水産で、単細胞または1列の細胞からなる糸状体。細胞分裂による無性生殖のほか、合体・接合して接合胞子をつくる有性生殖を行う。アオミドロホシミドロチリモなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつごうそうるい【接合藻類】

緑藻類の一目であるホシミドロ目に属する藻類群の総称。淡水に生育し、単細胞または細胞が一列に並んで糸状をなす。葉緑体をもち、体細胞の接合による有性生殖を行う。アオミドロ・ホシミドロ・ミカズキモなど。接合藻。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone