接合藻類(読み)せつごうそうるい(英語表記)Conjugatophyte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「接合藻類」の解説

接合藻類
せつごうそうるい
Conjugatophyte

緑色藻類の一分類群。近時は緑藻類中に数えられているが,H.エングラーの分類体系においては一つの門として取扱われた。葉緑素を十分にもった点は一般の緑藻類と変りはないが,この類は生殖時に胞子,遊走子などを形成せず,配偶子嚢と配偶子嚢とが接合して,そこに厚膜の接合子を生じ,それは休眠後に発芽する。単細胞のもの (例:ツヅミモ,ミカヅキモ) ,糸状に並んだもの (例:チリモ) ,糸状のもの (例:アオミドロホシミドロ) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「接合藻類」の解説

せつごう‐そうるい セツガフサウルイ【接合藻類】

〘名〙 緑藻類の一分類群。葉緑体は緑色で、単細胞または細胞が一列に並んだ糸状。細胞分裂によって無性的に増殖する。有性生殖は遊走性のない配偶子が二個合体して接合子をつくることにより行なわれる。ホシミドロ、アオミドロ、チリモ、ミカヅキモなど淡水中に生育する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android